こんにちは!井上です💁‍♂️

本日はタイトルにある通り、当院での診察対象外の疾患についてのお話です。
シリーズというほどのものでもないですが、
1ブログ1疾患という形で当院で診察が出来ない疾患をお伝えさせて頂ければと思います。

1.双極性障害(躁うつ病)

簡単に言うと
『そう状態 と うつ状態』が繰り返しあらわれる病気です。

症状と繰り返すスパンなどには個人差があります。

そう状態で一般的に起こりやすい症状
・寝なくても平気
・喋りすぎたり、電話やメールをたくさんする
・色んな事をやりたくなり、何でもできる気になる。計画なしにやってしまう
・買い物しすぎる
・イライラしたり、怒りっぽくなる
などがあります。

そう状態は周囲から見て、病気の症状だとわかりにくく自分でも気づかないこともしばしばで、
症状がひどくなると仕事や対人関係のトラブル、借金など、社会的な問題につながってしまうこともあります。
入院が必要になることもあります。周囲がそれほどは困らない程度のそう状態は、「軽そう状態」といいます。

うつ状態で一般的に起こりやすい症状
・話したり、笑ったりしない、考えられない
・眠れない、食欲がわかない
・無気力
・動けない、家のことができない、仕事に行けない
・いらいらしたり、いつも不安
などがあります。

うつ症状がひどくなると、身のまわりのこともできなくなり、人を避け、ひきこもることもあります。
そんな自分をさらに責めてしまい「しにたい」「きえたい」と感じることさえあります。

うつ状態から病気が始まった場合、すぐには双極性障害かどうかはわかりません。
(上記のような理由で、途中でうつ病→双極性障害へと病名がかわることも珍しくありません。)
そう状態に気づかれずに「うつ病」として治療されていることもあります。
経過全体でみると、そう状態よりも、うつ状態の時期がしめる割合がずっと多いことが一般的です。
波が繰り返す病気で、生活上の工夫をしながらゆっくりつきあう慢性疾患です。

自分にあった病気とのつきあい方、生活の工夫を見つけていくことが治療・回復には重要です👨‍🏫

治療が必要な「そう状態」を経験した人は繰り返すことが多いため、
症状がおちついているときも薬を続ける事が勧められています。
双極性障害では気分を安定させる薬が一般的です。(うつ病のお薬とは異なります)
大切な話は、そう や うつがひどくない時(落ち着いている時)にすることを心掛け
「不調のサイン」「調子がかわる(躁状態になる)時のサイン」などを
本人と周囲の人とで話しておけるといいです💡

以上、簡単に双極性障害の紹介をしてみましたがいかがでしたでしょうか?
現在「うつ」で悩まれている方の中にも、もしかすると潜在的に双極性障害の方もいらっしゃるかもしれません。
そういった場合はお薬自体も変わってきますので、
「そう」の症状・サインを見逃さないようにし、通院中であれば主治医へ、
診察したことがない場合は、診察時に状態をしっかりドクターへお話ししてみてください😌

冒頭でお話しした通り当院では診察対象外の疾患となっておりますが、
近隣の心療内科・精神科クリニックでは診察されているところもありますので
受診予約をする際は一度ホームページなどで対応疾患を確認の上、連絡してみてください😊

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー博多やすらぎクリニックーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

福岡県福岡市博多区博多駅東1丁目12-17 オフィスニューガイア9F
TEL:092-409-9735 FAX:092-409-9736

【営業日】
月・火・木・金:9:30~12:30、14:00~19:00
水・土:9:30~13:00
日・祝:休診日

当院はオンライン予約システムを導入しています。
再診の方は、下記QRコード・URLよりご登録・予約頂きますとスムーズにご案内できます。
※初診の方はお電話にてご予約を承っております。

https://clinic.smiley-reserve.jp/hakata-yasuragi-clinic