こんにちは!
博多やすらぎクリニック 看護師長 井上です💁‍♂️

梅雨に入ったのか入ってないのか分からないですが
ジメジメして暑かったり、ただただ寒かったりと不安定で
雨降り前には頭痛がしたり、めまいがしたり・・・イマイチスッキリしない毎日が続いていませんか😥?

気候の変化で持病などが悪化するものを気象病などとも呼びますが
こういった症状にも漢方が有効です👨‍⚕️笑

でも何故季節の変わり目に体調を崩しやすいのでしょうか?
その答えは、自律神経のバランスが乱れるからなのです💡

自律神経には、体を活動的にする交感神経とリラックスさせる副交感神経があり、
2つがバランスをとりながら、心臓や腸、胃、血管などの臓器の働きを司っています。
この自律神経は自分の意思ではコントロールできず、ちょっとしたストレスでもバランスが乱れてしまいます😵

特に季節の変わり目(特に春)は日々の寒暖差や、低気圧と高気圧が頻繁に入れ替わる気圧変動が大きいのです🌦🌩
寒暖差に対応するため自律神経の一つである交感神経優位が続くと
エネルギー消費が増え、疲れやだるさを感じやすくなります😫

そうならないために大事なのは、
規則正しい生活習慣や、空調が効きすぎた環境に身を置きすぎないなどの対策です!
逆に不規則な生活や、空調完備の環境に身を置く生活が続くと自律神経が整いにくなってしまいます。
その結果『気圧の影響の付いていけない体』の原因となるのです。

では、今自分の自律神経が乱れているかどうかチェックしてみましょう👨‍🏫

・乗り物酔いをしやすい
・季節の変わり目に体調を崩しやすい
・暑い季節にのぼせ、寒い季節では冷える
・雨が降る前にめまいや眠気を感じやすい
・最近、体を動かす機会が減っている
・肩こりがある
・新幹線や飛行機に乗ると耳が痛くなる
・偏頭痛持ち
・几帳面な性格
・ストレスを感じやすい

いかがですか?
上記項目に当てはまる項目が多いほど自律神経が乱れやすい傾向にあります。
(少なくても注意が必要です。)

自律神経乱れの対策としては
・規則正しい生活(決まった時間に置き、太陽を浴びる)
・朝日を浴びながらウォーキング
・就寝前の1時間を作る(入浴後から1時間が入眠しやすい.スマホを使用しない)
・寝溜めをしない
などが挙げられます。

生活習慣を改善する事はなかなか難しいですが
千里の道も一歩からです!笑
今は紫陽花が見頃を迎えているようなので
ご近所にスポットがあればウォーキングがてら観に行くのもいいかもしれないですね🚶‍♂️🚶‍♀️

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー博多やすらぎクリニックーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

福岡県福岡市博多区博多駅東1丁目12-17 オフィスニューガイア9F
TEL:092-409-9735 FAX:092-409-9736

【営業日】
月・火・木・金:9:30~12:30、14:00~19:00
水・土:9:30~13:00
日・祝:休診日

当院はオンライン予約システムを導入しています。
お電話または、下記QRコード・URLよりご登録・予約頂きますとスムーズにご案内できます。

https://clinic.smiley-reserve.jp/hakata-yasuragi-clinic